世界も注目!魅力的すぎる八重山の星空をご案内 石垣島・西表島・波照間島

世界も注目!魅力的すぎる八重山の星空をご案内

石垣島・西表島・波照間島

JAPAWALK OKINAWAがお伝えしたいのは、 「石垣島に行くなら、星空を見るべき!」ということ。

海もある、楽しい観光もある、そして夜になると…漆黒のダークスカイにきらめく星々は、宇宙まで感じられるような神秘的な光…それが八重山の星空です。
2016年にはIDA国際ダークスカイ協会アメリカ本部が八重山諸島の現地視察に入り、星空の光量や人工照明の状況について調査。国際ダークスカイ協会が認定する星空保護区として有名なのが、ニュージーランドにあるテカポ、アフリカ・ナミビアにあるナミブ砂漠。
八重山の美しい星空が、世界的にも注目を集めようとしています。
今、要チェックの星空スポットです。

日本初の星空保護区に目指して、島の星空エキスパートが活動中

石垣天文台やVERA(電波望遠鏡)など天文施設を抱える石垣島を拠点に、手つかずの自然に包まれた西表島、そして日本最南端の島(有人島として)である波照間島へ。
現在、星空保護区の認定に向けて島々が連携をとっています。その活動の中心となっているのが、石垣島の「星空ツーリズム」、西表島の「コーラルファンデーション」、波照間島では「竹富町波照間島星空観測タワー」。
それぞれの島の星空の知りつくした星空案内人が、あなたを島の星旅へとガイドいたします。

見てみたい!南十字星、天の川、 立ち上がるさそり座

春から夏にかけては、八重山の星空は華やぎを増します。
南の水平線に上がる南十字星の高度が最も上がるのが6月頃。憧れの星座がみられるチャンスです。
夏を代表する星座として知られるさそり座の印象的なS字のカーブ の傾きが、立ち上がった姿を見せるのが初夏の八重山。
そして夏の主役といえば天の川。沖縄ではティンガーラと言います。
光の帯に宇宙の深淵を感じる夏の夜、暗い夜を心おきなく楽しむにはガイドつき星空ツアーが断然おすすめです。星空案内人として、夜空を迷うことなく導いてくれるので、安心して夜空に集中できます。

こっそり教えたい、人気急上昇の早朝ツアーの楽しみ

星は夜に観察するもの。いいえ、朝早く星をみてはいかが?とJAPAWALK OKINAWAは提案します。
JAPAWALK OKINAWAの印象的なトップページの画像は、西表島の早朝カヌーツアー。
まだ暗い時間にカヌーを漕ぎだして、星や月の光を眺め、徐々に白んでいく時間経過を堪能するひとときです。
夜の星空ツアーと早朝ツアーの両方を楽しむ人もひそかに増加中、隠れた人気のツアーです。